Rational Desire
映画の感想や壁紙の制作状況を気まぐれで書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久しぶりでございます。
恐ろしく放置プレイしておりました、申し訳ないです。

・・・ネットが暫く繋がらない状態に陥ってました。
突然自分のPCの回線が切れてしまって、ネット不能の3ヶ月間を過ごしていました。
やっと復活したので、これから頑張って更新したいと思います。
・・・・・・・・・見捨てないでください。

近日UP予定の壁紙は、ハンコックダーク・ナイトウォンテッド...etc.を考えてます。
ちと古い映画のもので申し訳ないです。
スポンサーサイト
1日のライラの冒険ぶりに映画を見てきました。JUMPERを観てきましたよ
こぉいったアクションもの(?)を映画館で観るのは久々かな?
アクション映画大好きなので、このジャンパーは予告から楽しみにしてましたよ。
ヘイデン・・・あんまり好きな俳優さんではないんだけどね。
JUMPER
感想は、なかなかに面白かったです
賛否両論な・・・酷評されてる方も多々いるみたいですが、気持ちはわからなくもないんだけど、ただ単に「観る」には面白い映画でした。
最近のSFアクションものに色々要求する方が悪い。そぉ割り切ってみてれば面白いです。
この短時間のなかにあれこれ入れるのは無理、スピーディに見やすく面白く。
このジャンパーではそんな感じでなかなか面白かったですよ。
ただ、自分としては他のジャンパーについても色々見たかったなぁ~とも思ったけど。
原作を読んでみたいなと思いましたよ。

にしても、最近の映像テクはすごいなぁ。
ジャンプの瞬間、イィね(笑) ジャンプしたくなりますよ、ジャンパーになりたい。

主演のヘイデンはあまり好みな感じじゃないのですよ、まだ若いしね。
サミュエル・L・ジャクソンは好きなんです。なぁ~~んか、味のある俳優さんで魅力的。
正義漢役もピッタリだけどm悪役もピッタリなあの雰囲気が好きです。


ブログ限定壁紙。
JUMPER ブログ限定壁紙。
久々の銀幕でのジョニー、楽しみ半分恐怖半分で
スウィーニー・トッド-フリート街の悪魔の理髪師-を観て来ました。
SWEENEY TODD -THE DEMON BARBER OF FLEET STREET-  SWEENEY TODD -THE DEMON BARBER OF FLEET STREET-
いや、見たのは結構前なんだよね・・・・・書くのずっと放棄してた。
ホラー系が苦手なオイラとしては、ちょっとビビリだったんですよ。
R-15が憑いてるついてる時点でものっそに逃げ腰・・・・でも、ジョニー観たさの誘惑には勝てずに、母と見に行ってきました。
なんてったって、大好きなミュージカル仕立ての作品ってのも大きなポイントでしたのよ

・・・・・内容、何と言ったらイィか。
ただただ、血飛沫を見た。 そんな感想しかいえない。
痛かった、ただ最初から最後までひたすら痛かった映画。
ティムだからそんなにホラーっぽくならねぇのでは?と、微かな希望すら奪われる程の血潮でございましたな。
正直、グロッキーですた
ほっとんど目を瞑ってしまっていますた、直視できんとばい。
内容もね、これは酷い。と、言ってしまいたいものだった。
ただ殺人しまくって、ハイおしまい。            みたいな。
もちっとスウィーニーとジョアナの絡みというか、繋がりが欲しかったし、ジョアナのあの後とかも気になるし・・・・・・・・結局スウィーニー何?????
そんなモヤモヤはっきりしない・・・・・殺人ばっかりの内容に思えた。

そんな作品だったけどね、プッシュしたいトコはやっぱり音楽。
歌はイィね
ジョニーも上手いし、ヘレナも上手い、他の役者さんも上手くて聞く映画としては面白い
曲の感じもすごく良くて、サントラGETしました。


ジョニー主演ということなので、壁紙いっぱい作りすぎました。
ので、ブログ限定壁紙も大量です。
SWEENEY TODD ブログ限定壁紙 SWEENEY TODD ブログ限定壁紙 SWEENEY TODD ブログ限定壁紙 
SWEENEY TODD ブログ限定壁紙
 SWEENEY TODD ブログ限定壁紙 
でも、大量といっても失敗作です。気に入らなかったものをここに放置してるんです。
こんなのでよければどぉぞご自由にお使いください。
今日か明日・・・できれば更新したいのですが、ちと微妙だなぁ。
でもスウィーニー・トッドの壁紙はUPしたいし・・・悩みどころ。
試験が近いので暫く更新ストップするかもです、ごめんなさい。
昨日、映画を見てきました。
予告から気になっていたアイ・アム・レジェンドを観てきましたよ

観終わった感想としては、なかなか面白かったデス。
感情的矛盾じゃなくて、純粋に現実的に矛盾を感じるところはいっぱいあるんだけど、まぁ、そんなところは映画だもん、現実的に捕らえちゃだめだよね。っという方向で。
全体の流れとしてはとても見やすくて良かったです。
過去と現在を交互に見せる見せ方はとても好きなので、この手法が用いられてるのが良かった。そして分かりやすく観やすくなってるので「どんなだったっけ?」って頭をひねる必要もなく面白く見れました。

この映画に限ったことじゃないんだけど、やっぱり技術の進歩は素晴らしい
特に映像技術って本当に凄いよね。
マンハッタンの市内を鹿が走り回る映像はイィ の一言しか言えなくなるほど面白くて良かった。
ダーク・シーカーズも違和感なく映像内に溶け込んでて・・・映像技術って本当に凄いなぁと。
ただ、それだけに、もっとダーク・シーカーズについて知りたかったなぁとも思う。
原作を読んだことがないので、ちとダーク・シーカーズに触れられる部分が少なく、「凶暴なヤツラ」ということしか最後に残らなかった。
ウィル演じるロバートだけでなく、この点をもちっと深く描いても欲しかったな。

この映画で一番PUSHしたいとこは愛犬サムが可愛すぎること
もぉ~~~、ものっそい可愛い。可愛すぎるし賢すぎるし素敵過ぎる。
ロバートとの生活してる姿が可愛く、そして勇ましく、愛らしい。
ちょっとした仕草が本当に可愛いので是非、サムから目を離さずにいて欲しい。

I AM LEGEND

プロフィール

緋月

Author:緋月
実はサッカーも大好き。
プレミアリーグ☆CHELSEA
Frank Lampard溺愛Vv



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。